Moloco Cloud TrimmedSKAdNetwork採用率

iOS14のリリースは、モバイル広告にとって大きな変化をもたらし、SKAdNetworkは、その中心に位置しています。この変化に対応するために、以下のトラッカーは、MOLOCOクラウドプラットフォームで処理されたSKAdNetworkをサポートする日々の入札の割合を示しています。この数字の上昇は、モバイルマーケティング担当者が、Appleの新しいプライバシーを重視したモバイル測定ソリューションをより多く採用している事を示しています。

SKAdNetworkとは?

元々2018年にリリースされたSKAdNetworkは、Appleが開発者向けドキュメントで説明しているように、「ユーザーのプライバシーを維持しながら、広告主が広告キャンペーンの成功を測定するのに役立つ」iOSのフレームワークです。

iOS14リリースと同時に、SKAdNetworkには、アトリビューション、計測、パフォーマンスマーケティングキャンペーンの最適化を検討しているモバイルマーケッターにとって重要なアップデートが実施されます。

これは主に ATT (App Tracking Transparency) フレームワークの登場によるもので、IDFA (Identifier for Advertisers) を提供する意思のある、またないユーザーのオプトイン同意プロセスを管理する為に使用されます。

2012年に前身のUDID(Unique Device Identifier)から取って変わって、IDFAはほとんどの広告主がユーザーレベルで行動を測定し、追跡する為の事実上の標準となっています。IDFAが提供する粒度の細かさは、モバイル広告のターゲティング、最適化、アトリビューションなど、多くの現代のモバイルテクノロジーの礎となっています。

IDFAがこの業界から無くなってしまう訳ではありませんが、AppleはIDFAが利用可能かどうかを、個々のアプリレベルでの明示的なユーザーのオプトインプロセスを経るように変更を加えています。。アプリを起動すると、ユーザーには、他社が所有するアプリやウェブサイトにまたがって自分を追跡する事を、許可するかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。

プライバシーの向上に向けた業界全体の動きに基づいて、大多数のユーザーがオプトインを行わない事が予想され、広告ネットワークやマーケティング担当者は、SKAdNetworkのような他ツールで実現できる事が制限されていきます。

 

SKAdNetworkは、何をするのか?

SKAdNetworkは、モバイルアプリとアドネットワークの間で、アプリの有料インストールを促進するアドネットワークのコミュニケーションを仲介します。これは、その過程でアプリやアドネットワークが利用出来るユーザーの個人情報量を制限する方法で行われます。

ユーザーが、モバイル広告をクリックして、表示されたアプリをインストールすると、その広告を提供するアドネットワークは、固有のネットワークIDとキャンペーンIDを含むデータのコレクションをApp Storeに渡します。新しくインストールされたアプリが最初に起動してから少なくとも24時間後にApp Storeはアドネットワークにコンバージョンを通知し、新しくインストールされたアプリによって渡されたコンバージョンの値を供給します。

新たにインストールされたアプリは、どのアプリがインストールの値を送信したかまたはそれを提供したネットワークを認識する事はありません。どちらもアドネットワークは、アプリがインストールされたデバイスに関する特定の情報を与えられていません。唯一のインストールは、特定のキャンペーンの結果として発生した事になります。

 

SKAdNetworkはどのような課題を抱えていますか?

業界全体がこの新しい状態に、適応していく一方で、SKAdNetworkは、以下のような数々の制限がある為、以前はIDFAで可能だった多くの事を達成するには、不十分であると多くの人が指摘しています。

  • 範囲の狭いレポートウィンドウ :  新しくインストールされたアプリの初回起動から24~48時間後になってコンバージョン値が送信される為、その後おきるインストールは報告されず、また情報はリアルタイム性を失い、将来価値を予測するのに役立つ可能性のある情報を測定する機会が限られてしまいます。
  • 制限されたイベントトラッキング : インストール後の行動を測定する為に取得可能な情報が、数値1桁しかないため、広告主は、インストール品質を測定する方法について慎重に選択する必要があります。
  • キャンペーンの制限:キャンペーンの制限アドネットワークは、キャンペーンIDを100個までに制限される為 クリエイティブテスト等の機会が制限されます。

 

MOLOCOはどのように貢献できるのか?

活用出来るユーザーデータが限られているなか、機械学習はポストIDFAの世界で成功する為には必要不可欠です。2013年以降、当社は広告主様に価値を提供出来る多目的な機械学習モデルの開発に大きな投資を行ってきました。

これらのモデルをさらに洗練させたものが、SKAdNetworkとコンテクストシグナルの世界でも同じように効果的である事が、既に実証されています。、そしてユーザー固有の識別子(ID)が存在しない場合でも、機械学習が、ROIの高い成長の重要な要因になるという私たちの理論を証明しています。

MOLOCOがiOS 14への移行をサポートする方法については、こちらをクリックしてお問い合わせください。弊社一人一人が今回のAppleの変更に伴う動きについて、御社の事業をサポートいたします。