モバイルゲームが市場を席巻すればするほど、業界はその成功を支える為、迅速に進化していきます。そして、モバイルゲームがより成熟したメディアになればなるほど、ユーザー端末にアプリをダウンロードさせる為の広告手法も変化していきます。

今日、広告主が利用可能なチャネル、ネットワーク、及びテクニックが急増している為、

企業の収益に何が影響するかを測るための指標として、広告費に対するリターンが、益々重要になっています。

このリターンを得る為に、最新のモバイルゲーム広告戦略では、マーケティング担当者は、適切なメッセージを、適切なユーザーに、適切な場所で、適切なタイミングで伝える必要があります。

ここでは、収益性の高いユーザー獲得とROASの向上を実現する、6つのモバイルゲーム広告戦略をご紹介します。

 

1: 多様性

 

FacebookやGoogleのようなネットワークは、圧倒的な人気を誇っている為、規模に応じた一定のパフォーマンスが保証されていると言っても過言ではありません。しかし、FacebookやGoogleを使った広告のコストが増えれば増えるほど、市場が混雑している為、成果は縮小していきます。競争力を高め、広告の効果を最大限に発揮するには、ビッグテックの枠にとらわれない発想が必要です。

 

一方で、広告チャネルの多様化には投資が必要です。その為、予算が限られている新興企業では、慣れ親しんだネットワークにこだわり、新しいネットワークの導入を控える事が多いです。しかし、自社の成長過程に合った広告チャネルの多様化は、モバイルゲームの広告戦略として有効であり、その効果は益々大きくなる可能性があります。

 

多様な戦略をとる事で、市場の飽和状態に対処し、競争上の優位性を維持し、市場の大きな変化に合わせて俊敏に対応する事が出来ます。

広告チャネルを多様化する事で、各チャネルのユニークな特性にアクセスする事が出来ます。

1つのチャネルで強力なユーザー獲得戦略の、全ての要素に対応出来る訳ではありません。

従って、チャネルが混在しているという事は、ブランド認知、リコール、親和性、ダイレクト・コミュニケーション、コンバージョンに至るまで、UAの手法も混在しているという事です。   

モバイルゲームの有料ユーザー獲得を管理する際に、どのようなパフォーマンス広告指標を目指すべきか、もっと知りたいと思いませんか?

弊社の無料レポートをダウンロードしてください。

New call-to-action

Back to top

2: ゴールを明確にしたテスト

新しい広告チャネルをテストする事は、多様化を進める上で非常に重要な事ですが、

何でもかんでも自由に出来る訳ではありませんし、何も無い所で行うべきでもありません。

全ての広告チャネルが貴方の会社やゲームに適しているとは限りません。

どの広告チャンネルをテストするか、そして各実験段階での投資についての決定は、具体的な目標と結びつけて行う必要があります。

例えば、新規ユーザーの獲得を目指している場合は、リテンションの向上を優先している人とは異なる広告チャネルをテストする事になるでしょう。

 

企業によって最適なチャネルミックスは異なり、個々の広告キャンペーンで最も効果的なチャネルを選択するには、適材適所のツールが必要です。

だからこそ、関連するKPIに合わせて新しい広告チャネルをテストする事は、最も賢明な方法なのです。各チャネルの最適化機能、価格モデル、インパクトの可能性などを、企業やキャンペーンごとの目標を念頭に置いて評価してください。

 

パフォーマンス広告は、新しい広告チャネルをテストするのに適しています。これは、確実性の低いものにリソースを投入するのではなく、実際の結果に対してのみ支払いを行うためです。テストに投資しても良いと思う金額は、無数の内部要因と関係していますが、結果が出る可能性が十分にある事を確認してください。どのような広告費用を決定するにしても、キャンペーンのデータを分析して結果を把握し、それに応じて調整し、そのチャンネルをどのように進めていくか(あるいは進めないか)を決定してください。

Back to top

3: インクレメンタリティ

インクリメンテーションは、最も重要なテストのひとつです。

基本的にはA/Bテストの一種ですが、より科学的なテストになります。まず、同じ人に何度もアプローチしていないかどうかを確認する必要があります。そして、追加費用を払わなくてもコンバージョンしたであろうユーザーを獲得する為に費用を払っていない事を確認する必要があります。同時に、ROASは、ゲームをダウンロードしてくれる可能性の高い潜在的なユーザーにリーチし、リターンをもたらす事が出来るかどうかにかかっています。

 

そこで、インクリメンタリティテストの出番です。インクレメンタリティテストでは、テストグループに広告を表示します。そして、広告を表示しないコントロールグループを同時に分析する事で、広告の効果を正確に把握する事が可能です。インクレメンタリティリフトと呼ばれるこの種のテストの結果は、どのコンバージョンがキャンペーンの直接的な結果として起こり、広告なしでは起こらなかったかを判断するのに役立ちます。

Back to top

4: コンテクスト・ターゲティング

IDFA率が減少している昨今、広告主はかつて頼りにしていたユーザーレベルのデータポイントにアクセス出来なくなる為、Appleの最近のセキュリティ変更を考慮すると、精密なターゲティングは益々難しくなります。この変化は業界にとって深刻ですが、IDFAは必ずしもターゲティング広告の終焉を意味するものではありません。コンテクストターゲティングのような技術は、モバイルゲームの広告主が、データの価値を別の角度から見直す事で、既にアクセスしているデータを最大限に活用するのに役立ちます。

 

広告主は、個々のユーザーを識別するデータを入手できない場合、代わりに文脈的(コンテキスト)な情報を利用する事が出来ます。キーワード、カテゴリー、位置情報などは、ユーザーに関する文脈的な理解を形成する為に使用できる情報の一例です。これは、ユーザーが消費しているコンテンツに関連した広告を表示するというものです。例えば、ユーザーがクロスワードパズルアプリのファンであれば、ファーストパーソンシューターをプレイしている人よりも、数独アプリに興味を持ってくれる可能性が高いでしょう。

 

コンテクストターゲティングは、パフォーマンスを向上させ、最終的にROASを向上させる事が出来る為、モバイルゲームのマーケティング戦略として有効です。

 

Back to top

5: 人工知能と機械学習

アップル社の変更による、もう一つの効果は、LAT(Limit Ad Tracking)の人気が高まっている事です。広告主の中には、LATトラフィックへの移行が業界に与える影響を懸念する声もありますが、最新のテクノロジーを利用する事で、マーケティング担当者は時代に合わせた対応が可能になります。ユーザーレベルのデータへのアクセスがますます制限されていく中で、広告主は持っているデータからより多くの価値を引き出す必要があります。

 

人工知能と機械学習は、あなたの会社がLATトラフィックを活用し、ポストIDFAの世界にシームレスに移行するのに役立つ成長モデルを強化する事で、それを可能にします。例えば、MOLOCOでは、IDFAなしでトラフィックをエンゲージする為の新しいLATターゲティング機能を開発する為に、これまで以上にAIやML技術にリソースを投入しています。

Back to top

6: リレーションシップと関係構築

モバイルゲームの広告戦略は、自社のチームで成功させる事が出来る要素が沢山あります。

しかし、キャンペーンを成功させるには、パートナーとの関係構築が重要な役割を果たします。選んだDSP、アドネットワークの信頼できる担当者やアカウントマネージャーと協力すれば、広告費を最大限に活用する為に必要なリソースを確保する事が出来ます。

 

信頼出来るパートナーであれば、自社のチャネルが目標達成に役立つ場合には、その見極めをサポートし、特定のキャンペーンに適していない場合には誠実に対応してくれるはずです。

理想的なパートナーとは、効果的なテストプロセスを導き、適切なモバイル測定パートナーを見つけ、最適化戦略を微調整する事で、投資を最大限に活用し、可能な限りROASを向上させる事が出来るはずです。

 

Back to top

MOLOCOでは、独自の機械学習アルゴリズムにより、モバイルゲームの広告主が、ROASを向上させる為に最適化されたキャンペーンを提供しています。MOLOCOと提携する事で、モバイルスタジオやアプリ開発者は、持続的でスケーラブルな成長と高品質なユーザーターゲティングにアクセス出来る様になります。MOLOCOがどのようにお客様に最適なモバイルゲーム広告戦略を見出す事が出来るか、詳しくは今すぐお問い合わせください。