消費者がショッピング動画音楽をオンラインで楽しむ機会が増えた事で、各社ブランドにとってのデジタル広告チャネルの選択肢もかなり多くなっています。有名な広告チャネルに頼ったキャンペーンなら、リテールメディアネットワークならではのメリットを享受する事で、その戦略を更に強化する事が出来ます。スポンサー広告や商品レコメンドなどのオンプラットフォームのプレースメントは購買意欲が高くなっている顧客へ直接アクセス出来ますが、マーケットプレイスから提供されるファーストパーティデータは、キャンペーンの正確なターゲティングを可能にしてくれます。

広告費用の回収率(ROAS)を最大化するカギは、リテールメディアネットワークがどう発展しているか、どんな機能があるかを理解する事にあります。今回の記事では、上位のネットワークやそれぞれの特長についてご紹介します。

リテールメディアネットワークとは?

本来、「リテールメディア」というのは実店舗の中で掲示されている店舗内広告の事を指す言葉です。今日ではリテールメディア広告ネットワークは、デジタル上の小売店がその店舗のウェブサイト、アプリ、または組織内のその他プラットフォームで有する各種チャネルの事を指します。ネットワークは単一のサイト内、あるいは複数のデジタルプロパティに広がるもので、一般的にホーム画面やカテゴリ、検索、商品詳細ページなど、購入者が辿る道筋でカギとなる各ロケーションに広告インベントリが含まれます。商品を閲覧するだけのショッピングと、実際に商品を購入するという行動が両方行われるこれらのエコシステムは、顧客の購入パターンに関するデータが得られる潤沢な情報源です。

リテールメディアネットワークには、eコマースサイト、RokuなどのOTTプラットフォーム、コネクテッドTVなどの各種チャネルが含まれ、あらゆる業界において大小問わず全てのビジネスに有益です。

Molocoリテールメディアプラットフォーム

デジタルマーケットプレイスをお持ちで、ご自身のリテールメディアネットワークを実装したいとお考えですか? Molocoのリテールメディアプラットフォームは、あらゆる規模のデジタルリテーラーが、広告の力を活用した、新たな収入源を手に出来る様デザインされています。当社のAPIは、実績あるアドテクのインフラストラクチャー上に構築されたセルフサービス型のキャンペーン管理を促進し、機械学習によりキャンペーンが自動的に最適化され、広告収入の最大化を実現いたします。

Molocoでどんな成功を実現できるか、もっと詳しく知りたいですか?まずはお問い合わせください

 

リテールメディアネットワークの事例

Amazon

Amazonは言わずと知れた、リテールメディアネットワークの最大手です。 このオンラインリテールの巨獣は、アメリカ国内のリテールメディア広告費用の89%を網羅しています。世界中に2億人ものAmazon Primeメンバーを抱えるAmazonがアクセスできる取り引きデータの深さは、他と比べ物にならないほどずば抜けています。 スポンサープロダクトやスポンサーブランド広告に加え、Amazon Advertisingでは、購入機能付きライブストリーム、Amazon Musicの音声広告、そしてOTTブランドであるFire TVの動画と人気のストリーミングプラットフォーム、Twitchなどを含む、複数のチャネルに渡る広告機会を提供しています。付加価値として、Amazon Advertisingはベンダーに、Amazonマーケットプレイス に無料で作成できる複数のページからなるストアを提供しています。  

Walmart

Walmartのリテールメディアネットワークは、その規模と収益に関してはAmazonに次いで2位で、毎週1.5億人もの顧客がWalmartまたは同社のオンラインポータルを訪問しています。 Walmart Connectによると、買い物客の35%が、実店舗で実際に商品を購入する前にWalmart.comで商品を検索しているとのことです。アプリと実店舗との間でショッピングを完結させるというWalmartのオムニチャネルのアプローチは、ストア内のコンバージョンからデジタルキャンペーンの貢献度を正確に測定する事を可能にします。 Walmartはまた、リテールメディア広告の領域でAmazonと競えるよう、多くの戦略的買収 や業務提携の締結を行いました。Modcloth、Jet、Bonobosなど、Z世代、ミレニアル世代をターゲットにしたこれらブランドは、実店舗に行くよりオンラインでショッピングすることを好むデモグラフィックの人々の心を掴んでおり、広告主は新たなオーディエンスセグメントにリーチ出来る様になりました。

Walgreens

Walgreensは、デジタルトランスフォーメーションの取り組みの一環として、同社のmyWalgreensロイヤリティプログラムに登録している1億人を超えるメンバーから収集したファーストパーティデータを活用すべく、Walgreens Ad Group (WAG) ネットワークを立ち上げました。ネットワークを広告主にとって高い価値のあるものにすべく、同社はリソースを投じてキャンペーンの最適化を行うデータサイエンティストの社内チームを作りました。 加えて20215時点で、WAGは100を超えるアプリと10ものSSPをソースとするOTT、CTV、リニアTVのインベントリを提供しています。

Instacart

Instacartはサービス開始時から既に管理されたリテールアドネットワークを有していましたが、パンデミックによる食料雑貨類のデリバリーアプリが急激に成長した事で、2020年にセルフサービス機能を追加しました。 この記事を書いている時点で、同社はおよそ960万人ものアクティブユーザーから得られるファーストパーティデータをさらに活用するためにCPGの広告主にフォーカスしています。ターゲットとする消費者コホートは、KrogerやTargetといったライバルのリテールメディアネットワークと同じですが、Instacartのアプリは、ユーザーの具体的なデモグラフィックや行動情報を必要とする性質があり、これによってInstacartのデータは質の高いものとなっています。

Home Depot

Home Depotはアメリカ最大手の住宅リフォーム建材の小売チェーンで、オンラインおよび全国2,200店舗で合わせて4,500万世帯の顧客を抱えています。 オンライン/店舗の相乗効果に重きを置くWalmart Connectと違い、Home Depotの Retail Media+は、年間220億もの訪問者数を誇るHomeDepot.comだけにフォーカスしています。同社のリテールメディアネットワークはオンサイト、オフサイトの広告どちらでも「パートナーは広告費用に対する2倍の効果を得ている」と主張します。 Home Depot Content Labではまた、3Dモデルやデモ動画、キャッチコピーなど、広告を更に良くするためのアセットを作成する手助けもしています。

eBay

eBay Adsは2つのカギとなる価値をリテールメディアネットワークにもたらします。1つ目は、同社のサイトを訪れる毎月1億人を超えるユニークユーザーはそれぞれユーザーIDに紐づけられており、そのデータはcookieを使用しないマーケティングに最適だという点です。eBay Adsは「リアルな購入意思のシグナル」に基づく自社のデータに大きな自信を持っています。リテールメディアネットワークに有利に働く2つ目のポイントは、eBay Advanced Audience Technology (eAAT) です。同社はこれにより、正確性を損なうことなくリーチを広げることに繋がると主張しています。eBayは去年、eAATを通したキャンペーンと従来のDMPのインテグレーションを使ったキャンペーンを比較するA/Bテストを実施しました。 このサイトによれば、全体のインプレッション数がeAATにより31%上昇し、CTRも7%上昇したとのことです。

消費者の購買行動がオンラインに移行し続ける中で、リテールメディアネットワークの広告の重要性は高まる一方です。広告費用を最大限活かすには、最適な商品を適切な消費者とマッチングさせるためにデータをマスターすることが重要となります。 デジタルビジネスが持つデータの力を解き放つお手伝いをすることは、常にMOLOCOが掲げるミッションです。 ショッピングを楽しむお客様とあなたのビジネスを繋ぐために、MOLOCOがお手伝い出来る事があります。是非お問い合わせください